広島特産品冬の味覚牡蠣

広島特産品冬の味覚牡蠣ヘッダー画像
広島特産品冬の味覚牡蠣メイン画像

広島の特産品と言えば、まず思いつくのが牡蠣です。広島県は全国生産量の50%を占めています。瀬戸内海で採れる牡蠣は身もしまっていてぷりぷりです。牡蠣のシーズンは寒くなる11月から3月くらいになります。牡蠣は海のミルクとよく言われますが、海のミルクと言われる理由は牡蠣の栄養がとても豊富だからです。牡蠣に含まれる栄養は、たんぱく質やカルシウム、リンに鉄分、ビタミンB2や亜鉛などです。また、肝機能の強化や貧血予防、イライラ防止などに良いとされています。さらにカロリーも低めなのでいいことだらけです。牡蠣を購入する際の新鮮な牡蠣の見分け方は、殻付きだと、殻がしっかり閉じていて触れたら殻を閉じるものです。生きていて新鮮であることは、間違いなしでしょう。むき牡蠣の場合は身が乳白色で艶があり、盛り上がっているものを選びます。貝柱が半透明なものが新鮮ですよ。牡蠣のおいしい食べ方は、生食用だとポンズと薬味、レモンを絞ってバジルソースもお勧めです。加熱するなら焼き牡蠣でだし醤油をかけたり、チーズをのせてグラタン風にしたり、田楽風にすると、一味違ったおいしさを味わうことができますね。むき身だと、牡蠣フライや牡蠣ご飯、牡蠣炒めに牡蠣の味噌汁などバリエーション豊富です。また、牡蠣の土手鍋は広島の郷土料理です。広島特産品の牡蠣を使った牡蠣醤油や牡蠣の佃煮、牡蠣の燻製や牡蠣のしぐれ煮、牡蠣の味噌焼きなど、牡蠣を手軽に味わえるように、加工されて販売されています。

新着情報

おすすめサイト

ページの上部へ
Copyright © 広島特産品冬の味覚牡蠣 All Rights Reserved.